AGEs糖化最終産物が老化を促進!

 
                      抗糖花リピート率
 ネット通販上では類を見ない
 高いリピート率が信頼の証です。
 
 
最近チェックした商品
2017年 02月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
今日

2017年 03月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

糖化が老化を早めると言われる訳

● 美肌をつくる鍵となる繊維芽細胞

真皮層には、繊維芽細胞という細胞があります。

繊維芽細胞 コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を作り出す源となる細胞

この繊維芽細胞が、コラーゲン繊維やエラスチン繊維、ヒアルロン酸をつくり出す細胞です。

いくら、コラーゲンや、ヒアルロン酸などを飲んでもこの細胞が元気に働いてくれないと、真皮層が凹んでしわ、たるみになってしまいます。


美肌をつくる鍵になるものが繊維芽細胞なのです。

● 最終糖化生産物(AGEs)が出来ると

体はAGEsを異物だと認識し分解しようとして分解酵素を多く出します。
この分解酵素が、神経芽細胞エラスチンなどを分解してしまいます。


また、AGEsは活性酸素を増やし、周りの蛋白質を老化させてしまいます。
AGEsが老化を促進すると言われるのは、大切な細胞を壊したり 老化させたりするからです。

健康的な美しさを保つためには神経芽細胞を 元気にして、コラーゲンやエラスチンを作らせなければなりません。


酸化ストレスを受けると

糖化が促進

糖化が促進されると

酸化ストレスが促進

老化の悪循環が生まれます

皮膚の老化・肌トラブル

糖化させない生活