最終糖化産物AGEs 糖化と老化、肌の関係

                      抗糖花リピート率
 ネット通販上では類を見ない
 高いリピート率が信頼の証です。
 
 
最近チェックした商品
2017年 05月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
GW休業【5/3〜5/7】

2017年 06月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

AGEs(最終糖化産物)とは

● AGEsは

CML、ピラリン、ペントシジン、クロスリン、イミダゾール塩、
ピロピリジン、ベスパーリジン、CMAなど
さまざまな成分から出来ているので、これらの総称としてAGEsと複数形の呼称となっています。


さまざまな成分がある為、どのようにしてAGEsができるのか
まだまだ、経路も判明されていません。


糖分とたんぱく質が結合しただけではAGEsは生まれません。

糖分とたんぱく質が結合し変異してAGEsの前駆体である3DGなどになり
さらにそれが変化して、AGEsに変異していきます。
(*重要なのは、AGEsが一つの成分ではないと言うことです)

糖化でうまれた最終糖化産物(AGEs)は分解されにくく、加齢とともに増えることが確認されています。
若々しい肌は(AGEs)がすくなく、衰えた肌は(AGEs)が多くなります。

糖化は、ストレスや喫煙、紫外線などによる体の酸化、加齢に伴う代謝の遅れ、食べ物などからの糖化作用により促進されます。

糖化とは

(*AGEsは1つの成分だけで出来ていないので、1種類の抗糖化成分を摂るだけでなく、組み合わせて摂る方がいいと考えられています。)